ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記

風水師 山田光復の鑑定日記

『伝え方が9割!』

029313.jpg

 

<本日の心構え>

▼水山蹇 五爻変

 

冬の雪山で吹雪に見舞われています。

視界が雪で遮られ方向感覚も失います。

進退共に非常に危険な緊急事態です。

苦難が去るのを忍耐強く待ちましょう。

困難な局面でも諦めずに耐えること。

待てば心強い協力者が訪れます。

援助に感謝し誠実謙虚に対応すること。

日頃の振る舞いと付き合いが報われます。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■開運合宿in淡路島 2/2

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

開運合宿in淡路島 二日目の朝。昨日は、台風と遭遇しながらもキャンセル頂いた方、参加者、スタッフ、現地法人の御理解とご協力のもと、有意義に過ごさせて頂きました。運の良い方々とのイベントは見事に導かれます。淡路島入島を止め、急遽変更した神戸のパワースポットホテルも予約がとれ、セミナー会場の手配もスムーズ、夕食懇親会の会場も大変良いところがみつかりました。主催者として緊張が続いていますが、ハプニングの時こそ自分の運の良さを再確認出来ます。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年12月15日16日 開運合宿忘年会in会津若松(東山温泉)

 

 

<ワンポイントレッスン>

■『伝え方が9割!』

 

『文章にすると大したことが無いことでも、

伝え方によっては、凄いことに聞こえる!』

ということが良くあります。

それだけ伝え方が重要であるということです。

 

このことは、『愛情』と『愛すること』の関係に類似しています。

 

我が子に対する『愛情』は、親であるならば誰でも持っています。

しかし、誰もが『愛すること』いわゆる『愛し方』を知って実践できるわけではありません。

『愛すること』は、愛情の伝え方ということになります。

 

『この子を愛せない!』という相談を受けることがあります。

これは、愛情が無いのでは無く愛し方を知らないだけです。

愛することはテクニックです。これは学ぶことが出来ます。

しかし、『愛情』が無い『愛し方』は簡単に相手に見抜かれてしまいます。

 

『愛情』とは?

相手を喜ばせたいという情的衝動といえます。

 

そこで『伝え方が9割』です。

良く伝えるためには伝える相手を喜ばせたいという愛情が必須ということです。

 

 

もう一つの嘘つき by 大学

753056.jpg

 

<本日の心構え>

▼天雷无妄 四爻変

 

晴れていた空が次第に暗くなります。

遠方から雷鳴が聞こえて来ます。

時の流れと共に状況は刻々と変わります。

流れに逆らわず身を委ねてみましょう。

主観で判断すると進むべき道を誤ります。

環境に従う限り問題や争いは起きません。

誘惑に負けない強い意志を持つこと。

現状を徹底して維持しましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問現地調査・個別相談

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨晩の椿会(経営者交流会)は、本当に有意義な時間となりました。

顧問先経営者を中心に様々な繋がりでの交流は、目に見えない『縁』というものを目に見える形として見させて頂いたようでした。

どんな大きなビジネスでも結局は一対一の人間関係の延長でしかすぎません。

あらためて目の前の人間関係を大切にしようと思わせて頂感謝です。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年12月15日16日 開運合宿忘年会in会津若松(東山温泉)

 

 

<ワンポイントレッスン>

■もう一つの嘘つき by 大学

 

 大学;第二段 第一節

「白文」

小人間居為不善。

無所不至。

見君子而后厭然、覆其不善而著其善。

 

「書き下し文」

小人間居(かんきょ)して不善を為す。

至らざる所なし。

君子を見て后(のち)厭然(えんぜん)として、

その不善を覆いてその善を著す(あらわす)。

 

「解説」

徳のない小人は暇を持て余して家にこもると、人目を憚らないので不善を行ってしまう。不善に至らないということがない。

君子を見た後にはその影響を受けて、

不善を覆い隠して、善の実践を現そうとするのである。

 

徳の無い人間は、一人でいるときに、不善(いろいろとよからぬこと)をしています。

これは、罪を犯すということよりも、人に見せられないような姿勢や態度などのことです。

しかし、それなりの人物がその場に入ってくると、がらりと態度を変えて、何もなかったかのように、「いや、そんなことはしていませんよ」と言い、

自分の不善を覆い隠そうとします。

これ、いけてない上司が良くする態度であり、

職場では良く見る光景ですね!

 

このことも、一種の『嘘』です。

やはり、このことを繰り返していくと、

自分の中のもう一人の自分に「うそつきだな」と言われて、

自己不信に陥る遠因となってしまいます。

率直 by 大学

32ad4d5a4f85dcc02025c3850faafb85_s.jpg

 

<本日の心構え>

▼地火明夷 三爻変

 

地平線の彼方に陽が沈み行きます。

周囲は時間と共に闇夜に閉ざされます。

暗闇の中では正しき事も認められません。

辛抱強く夜が明けるのを待ちましょう。

夜中は周辺に知られず事を進められます。

目的を確認し入念に準備すること。

先を焦らず慎重に決断すること。

果敢な勇気を持ち覚悟を決めましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問現地調査・風水顧問打ち合わせ・椿会参加

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

今日は、2か月に一度、銀座で開催される経営者の会『椿会(仮称)』です。

毎回、講演者を決めて勉強をしながら美味しいお酒と食を楽しみ交流をします。

この会への参加と開運合宿が良いパワーチャージの場になっています。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年12月15日16日 開運合宿忘年会in会津若松(東山温泉)

 

 

<ワンポイントレッスン>

■率直 by 大学

 

大学;第二段 第一節

「白文」

如悪悪臭、如好好色。此之謂自謙。故君子必慎其独也。

 

「書き下し文」

悪臭を悪む(にくむ)が如く、好色を好むが如し。これをこれ自ら謙く(こころよく)すと謂う。故に君子は必ずその独りを慎むなり。

 

「解説」

誰だって「嫌なことは嫌」「好きなことは好き」です。

そのように、心で思った状態を率直に言葉に出す。

したがって、無理をして称賛したり褒めたりすることは、

かえって自分を悪くしてしまいます。

寡黙は非常に重要であるということを表しています。

 

好き嫌いの理由は、感情や認識以上に直感的なものが殆どです。

特に人間関係においては、顕著に直感的な判断をしています。

第一印象で「好き・嫌い」を判断し、その裏付けを後々していきます。

「あー!だから この人のことが好きなんだ。」という具合にです。

実はこれ、相手も同じでお互い様ということです。

ビジネスの現場でも、無理して自分を嫌っている相手と良い関係を築こうとするのは難しいことで、恐ろしい労力が必要になります。

そんな労力は、自分のことを好きだと思っている相手に使い、より良い関係を構築していくほうが、良い成果を出していくことは間違いありません。

変に気を使い良い結果が出ることは有り得ません。

素直が一番です!!

嘘 by 大学

819397.jpg

 

<本日の心構え>

▼山火賁 三爻変

 

夕日が山の彼方に沈もうとしています。

美しき夕日が華麗な光景を作り上げます。

心は洗われ魂は浄化されるでしょう。

やがて訪れる夜に向け備えておくこと。

美しき情景に多くの人々が集まります。

状況は長く続かず実益が伴いません。

着飾る事に溺れ本質を忘れないこと。

内面の充実に目を向けましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■個別相談・風水コンサルレッスン・風水顧問打ち合わせ2件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

『開運合宿in淡路島』の日程と台風24号が重なりそうです。

不思議なもので開運合宿は、台風等トラブルに遭遇しやすいものです。

快適な旅行というよりも『合宿』という意味合いに拍車がかけられる様です。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年12月15日16日 開運合宿忘年会in会津若松(東山温泉)

 

 

<ワンポイントレッスン>

■嘘 by 大学

 

大学:第二段 第一節

「白文」

所謂誠其意者、毋自欺也。

 

「書き下し文」

所謂その意を誠にするとは、自ら欺く毋(な)きなり。

 

 「解説」

誠意を持った行動をとる為には、自分自身を欺いてはいけないと教えています。

「自ら欺く」、すなわち、『嘘』についての教えです。

人間には知恵がありますから、様々な理由から『嘘』をつきます。

実は、『嘘』自体は善悪ではありません。

子供に『嘘をついてはいけない!』という教育をすると、間違い無く、子供感覚が可笑しくなってしまいます。何故ならば大人も社会も平気で嘘をつくからです。

 

重要なことは、その『嘘』は一体誰に一番影響を及ぼすかということになります。

他人に対してつくのがうそですが、影響は自分に出るということです。

毎日毎日、『嘘』をつく生活をしていると、

やがて自分の中のもう一人の自分が

「お前、うそつきだな。」と言ってくるようになります。

つまり、『自己不信』に陥ってくるわけです。

『自己不信』とは、『自信』を無くすという意味です。

『自己不信』の反対は。『他者を信ずる』ということです。

他者を信じることで、自信を得ることが出来るのです。

逆も真なりで、自分に自身が無い人は、自己防衛本能で嘘をつきます。

嘘を良くつく人は、自信が無い人ということになります。

的を射るby大学

191505.jpg

 

<本日の心構え>

▼水天需 初爻変

 

大空一杯に厚い雨雲が広がります。

雨が降り始めるのは時間の問題です。

心に余裕を持ち状況の変化を待つこと。

心して待てば恵の雨となるでしょう。

大事に挑戦するには時期尚早です。

無理に流れを変えず辛抱強く耐えること。

変化に動じない強い精神力を養うこと。

離れた場所で好機の到来を待つ時です。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ4件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨晩は、中国武漢出身の門下生からのお誘いで、同じく北京出身の門下生親子と

夕食を楽しませて頂ました。

私以外、3人の中国の方とテーブルを囲み、日本人風水師の私の縁で武漢と北京の門下生が

直接交流する場となり不思議な縁を感じ、喜びと感謝の時間となりました。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年12月15日16日 開運合宿忘年会in会津若松(東山温泉)

 

 

<ワンポイントレッスン>

■的を射るby大学

 

大学;第一段 第二節

古之欲明明徳於天下者、先治其国。

欲治其国者、先齋其家。欲齋其家者、先修其身。

欲修其身者、先正其心。欲正其心者、先誠其意。

欲誠其意者、先致其知。致知在格物。

物格而后知至。知至而后意誠。意誠而后心正。心正而后身修。

身修而后家斉。家斉而后国治。国治而后天下平。

 

の続きです。

 

自天子以至於庶人、壱是皆以修身為本。

其本乱而末治者否矣。

其所厚者薄而其所薄者厚、未之有也。

 

天子より以て庶人に至るまで、壱いつに是れ皆な身を修むるを以て本と為す。

其の本乱れて末治まる者は否あらず、

其の厚き所の者薄くして、其の薄き所の者厚きは、未だ之れ有らざるなり。

 

上の者から下の者までこぞって身を修めることが、

国家や社会の大本、根本である。

根本がしっかりと整備されて初めて末端までうまくいきます。

重視すべきところが全く軽薄に扱われて、

薄くどうでもいいようなところを徹底して厚くするような状況は良くないということです。

 

以上のように、『大学』の冒頭では、

まず「徳」の重要性を説き、

個人の人生としての重要なことを述べた後、

組織や社会になった場合の要点をしっかりと伝えています。

『大学』は、経営者の指南書として大変優れていることが理解出来ます。

課題意識by大学

cbc075f06f2e1053396a56d7d98d948b_s.jpg

<本日の心構え>

▼雷地豫 二爻変

 

豪快な雷鳴と共に大地が揺れています。

激しい音と共に身も心も震えます。

周囲の喧騒に心は喜びに満たされます。

流れに乗り積極的に挑戦しましょう。

至福に溺れて本分を見失わないこと。

喜びには誘惑も多く注意が必要です。

甘い誘いに負けずに忍耐力を養うこと。

好機に向け実力を磨いておきましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

風水は、『風水学』と『風水術』の両側面あります。

まさに、『医学』と『医術』との関係性に似ています。

学問として究めたとしても、具体的に結果に結びつかないと意味があります。

しかし、『学』を究めない『術』の窮めはありえません。

『学を究めて術を窮める!』by 山田光復(笑)

門下生達もこうあって欲しいものです。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年12月15日16日 開運合宿忘年会in会津若松(東山温泉)

 

 

<ワンポイントレッスン>

■課題意識by大学

 

大学;第一段第二節

『物格而后知至。知至而后意誠。

意誠而后心正。心正而后身修。

身修而后家斉。家斉而后国治。

国治而后天下平。』

 

『物格って后至る。知至って后意誠なり。

意誠にして后心正し。心正しくして后身修まる。

身修まって后家斉う。家斉いて后国治まる。

国治まって后天下平らかなり。』

 

第一段の第一節二節をまとめ逆から説明している個所です。

 

『自然万物の法則を学ぶことで誠意を尽くせる様になり、

誠意を尽くせる様になることで心が安定し、心が安定することで我が身が修まり、

我が身が修まることで家庭が整い、家庭が整うことで国が治まり、

国が治まることで、世界平和が実現する。』

 

 経営学的には、何を教えてくれているのでしょうか?

『自然万物の法則を学ぶ』とは、

会社全体の方向性や目的を知ること、

『誠意を尽くせる様になり』とは、

 自分の責任分担をはっきり理解することが出来、

当事者意識を持てる様になるということです。

 

社員一人一人が、当事者意識を持って取り組んでいれば、

問題が起こっても、痛切に感じて解決策を考える。

さらに、真心を込めて実行する。

そうすれば、解決しない問題はない。

組織の問題意識を自らの課題意識として捉えることが出来るかが重要なことです。

致知在格物 by 大学

7858-fypyuva8181894.jpg

 

<本日の心構え>

▼雷山小過 五爻変

 

山頂付近では雷鳴が激しく轟いています。

登るには多くの危険と困難を伴います。

麓に居る限り身の安全は守られます。

何事にも慎重を期す対応をすること。

不満を抱いても動けない事が幸いします。

強引に進むと災厄に見舞われます。

冷静沈着に勝負の舞台に備えること。

心から頼れる逸材を探しましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水コンサルレッスン・風水顧問打ち合わせ

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

『開運合宿in淡路島』参加者への案内・スケジュール詳細をお送りしています。

まだ手元に確認出来ていない方は御一報下さい。また龍穴ホテルは貸し切りとなりました。相部屋でも良く今からでも参加したいという方は直接私へ連絡下さい。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年12月15日16日 開運合宿忘年会in会津若松(東山温泉)

 

 

<ワンポイントレッスン>

■致知在格物 by 大学

 

『大学』第一段 第二節

古之欲明明徳於天下者、先治其国。

欲治其国者、先齋其家。

欲齋其家者、先修其身。

の続きです。

 

欲修其身者、先正其心。

欲正其心者、先誠其意。

欲誠其意者、先致其知。

致知在格物。

 

その身を修めんと欲する者は、先ずその心を正しくせり。

その心を正しくせんと欲する者は、先ずその意を誠にせり。

その意を誠にせんと欲する者は、先ずその知を致す。

知を致すは物に格る(いたる)に在り。

 

「その身を修めようと願うならば、人間として何が正しいのかをよく知り、それを保つためには、行動基準、発言の基準がしっかりしていなければいけない。」

「その心を正しくしようと願うならば、真心を込める。」

「真心を込める為には、優秀な知恵を得なければならない。」

「知を得る為には、物・事物の仕組みを理解するということにある。」

 

 「意」は、「心の音」という字からできています。

「心の音」とは、心の声です。

「誠意」とは、心の音をよく聞いてあげることです。

『格物』とは、「物を格(ただ)す」という意味です。

『物』とは、万物の意味で、森羅万象全てです。

人間は、森羅万象を研究出来る一番智恵深い立場にいることを意味しています。

だからこそ、他者の為、自然、動物の為になる知恵を得ることが出来ます。

実は、自然万物、森羅万象の法則を知ることで、

相手の心に耳を傾けてあげることが出来るようになります。

すると、自分はどうすべきかを知り、

行動に起こすことが出来るようになります。

良心が何を欲するかを教えてくれるものが『致知在格物』です。

東洋思想は、単なる机上の空論として学ぶだけのものでは無く、

経営学として実践力があるものなのです。

 

二十四節気「秋分」の風水術

syuubun01.jpg

<本日の心構え>

▼沢水困 上爻変

 

綺麗な湖が枯渇しようとしています。

美しい姿は消え凄惨な光景が広がります。

非常に切実で苦しい状況に陥ります。

機を待つ忍耐が必要となるでしょう。

挑む道は険しく進めば傷を負うことに。

動く程に辛く苦しい状況に陥ります。

目的地を確認し覚悟して進みましょう。

困難は進む事でのみ突破できます。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■朝食懇親会・陰宅風水コンサルタント打合せ・風水コンサルレッスン

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

最高の二日間を北海道で過ごさせ頂ました!

ご縁を頂戴した皆様と多くの生気を頂戴した大自然に感謝です。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年12月15日16日 開運合宿忘年会in会津若松(東山温泉)

 

 

<ワンポイントレッスン>

■二十四節気「秋分」の風水術

 

天地人『三才の法』という原則があります。

この三者が共鳴し合うという原則です。

 

運の場合は、天運・地運・人運で、

干支・風水・四柱推命で推し計ることが可能です。

名相術の場合は、天格・地格・人格で、

姓の画数・名の画数・姓名の接合個所の画数で推し計ります。

 

風水では、時間・空間・人間で、

二十四節気・二十四方位・十二経絡が共鳴し合います。

 

今日から約15日間が二十四節気の『秋分』です。

この期間は、二十四方位の『酉』の方角とリンクし、

人体の十二経絡の

『腎経(足少陰腎経(あしのしょういんじんけい)』

に影響を及ぼします。

又、一日間で活性する時間は酉の刻(午後5時~午後7時)です。

腎臓を守るためのおすすめ食養

キクラゲ、タケノコ、山芋、棗、ワイン

 

この『秋分』の期間に、

『口の中が発熱する、下の先が乾く、喉が腫れ、胸苦しく下痢をする、腰の辺りの背骨から太腿内側にかけて痛み、痩せてすぐ横になりたがり、足の裏が暑くなり痛む』

等の症状が出た場合、家の内外の『酉』の方角の気が乱れている可能性がありますので、

清浄に保つことを心掛けて下さい。又、この方角の土や家具を触ることもタブーです。

更にそのタイミングが、酉の刻ですと更に症状が顕著に出ます。

 

 ~『酉』の方角~

風水の方位の起点は、その場所で磁石で北を示す方角を0度として右回りで360度です。

0度から反時計回り90度の270度の左右7.5度合わせた15度が『酉』の方角になります。

世界平和を願うならby大学

o0400030113811648832.jpg

 

<本日の心構え>

▼沢風大過 三爻変

 

暴風雨に見舞われ家屋が傾いています。

油断すると家が倒壊してしまいます。

早急に問題解決に取り掛かりましょう。

不意に深刻な問題を抱える非常時です。

問題と責任は大きくなるばかりです。

周囲の協力も得られず道は塞がれます。

理想を追わず無理難題は誠実に断ること。

日頃の言動を反省しましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■視察in北海道

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日の札幌でのセミナーは、地震で多くの被害が出た直後でありながら、

多くの方が参加して下さいました。

主催法人代表と主催者スタッフの心遣いと、参加者皆様のご協力のもと

大変語りやすく私自身が癒しの場となりました。

この場をおかりして心より感謝を申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年12月15日16日 開運合宿忘年会in会津若松(東山温泉)

 

 

<ワンポイントレッスン>

■世界平和を願うならby大学

 

大学;第一段 第二節

古之欲明明徳於天下者、先治其国。

欲治其国者、先齋其家。

欲齋其家者、先修其身。

 

古の明徳を天下に明らかにせんと欲する者は、先ずその国を治む。

その国を治めんと欲する者は、先ずその家を斉う(ととのう)。

その家を斉えんと欲する者は、先ずその身を修む。

 

「古の明徳を天下に明らかにせん」は、世界平和のことです。

 

「世界平和を願うならば、国が治まっていないと駄目なのです。」

「国を治めようとするならば、家庭が整のっていなければいけない。」

「幸せな家庭を願うならば、身を修めなければならない。」

 

組織論において、家庭は最小単位の組織です。

個人の集合体が家庭で、家庭の集合体が国です。

家庭が崩壊しては、国家の安定は難しくなります。

各国が不安定ならば当然、世界平和は実現されません。

 

このことは、企業経営にも直結する思想です。

プライベートの安定と充実無くして、

会社経営の安定と充実は難しく、

表面的には良くても足元を救われる結果になります。

「大学;優先順位」

13be08357ddb94e2306e5b0a767a72fa_s.jpg

<本日の心構え>

▼地天泰 五爻変

 

君主は民衆の生活に思いを馳せています。

民衆は君主を慕い平穏な日々を願います。

天下泰平の世、万事が順調であります。

平和に感謝し安泰を享受しましょう。

諸行無常、栄枯盛衰は世の習い。

安心せず先々を見越して対処すること。

個々の実力には限界があります。

周囲の能力を最大限に活用しましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水講演in札幌

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

早朝、羽田空港経由で札幌に入ります。

震災後、余震が続く中ですが、クライアントの御尽力により、

札幌市内にてセミナーをさせて頂きます。

風水学による土地と建築についてです。

防災風水という観点でもお伝え出来ればと準備させて頂きました。

 

 

<イベント・セミナー情報> 

2018年9月21日 風水講演in北海道

2018年9月30日10月1日 開運合宿in淡路島

2018年10月13日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月10日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 座学

2018年12月15日16日 開運合宿忘年会in会津若松(東山温泉)

 

 

<ワンポイントレッスン>

■「大学;優先順位」

 

第一段 第一節

『大學の道は、明徳を明かにするに在り。民に親しむに在り。至善に止まるに在り。

止まるを知りて后(のち)定まる有り。定まりて后能く静かなり。

静かにして后能く安し。安くして后能く慮る。慮りて后能く得。』

の続きです。

 

 『物に本末あり。事に終始あり。先後する所を知れば、則ち道に近し。』

 

「物には本末がある、事には終始がある。物事の先と後にすべき所を知れば、大学の道は近いのである。」

 

本末とは、本質と枝葉のこと

終始とは、始まりと終わりのこと

まとめますと、

 

『物には、本質と枝葉があり、事には、始まりと終わりがあることを知った上で、

何を先に何を後にするかを考えれば、大学の道を得ることが出来る。』

 

何が物事の本質であり、何が枝葉末節のかを分析し、

始まれば終わりが有り、終われば始まることを前提として、

優先順位を決めれば、判断を間違えることは無い。

 

経営上、様々な問題や課題に直面したときに、

枝葉末節に囚われ本質を見失うと、

優先順位を間違えて解決出来無くなってしまいます。

« PREV 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13
PAGE TOP