ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記

風水師 山田光復の鑑定日記

二十四節気「清明」の風水術

seimei01.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『偉大なる神様に相談しなさい。貴方にはおおいなる知恵が授けられます。』易卦:地水師 二爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

4月5日  南

4月6日  北東

4月7日  北西

4月8日  東

4月9日  北西

4月10日 北西

4月11日 南東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・リノベ出店コンサル打合せ

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

運の層とは面白いもので、『クライアントのクライアントは私のクライアント』

ということが良く起こります。利害の一致だけの縁では起こり得ないことです。

ボーエン理論でいう分化レベルの一致で縁は作られます。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2019年4月13日 NPO定例勉強会

2019年4月14日 『経営帝王学』プレセミナーin大阪

2019年5月3・4日 開運合宿in奥多摩

2019年5月11日 NPO定例勉強会

2019年5月12日 『経営帝王学』in大阪

2019年5月24日 『経営デザイン』司会

 

 

<ワンポイントレッスン>

■二十四節気「清明」の風水術

 

天地人『三才の法』という原則があります。

この三者が共鳴し合うという原則です。

 

運の場合は、天運・地運・人運で、

干支・風水・四柱推命で推し計ることが可能です。

 

名相術の場合は、天格・地格・人格で、

姓の画数・名の画数・姓名の接合個所の画数で推し計ります。

 

風水では、時間・空間・人間で、

二十四節気・二十四方位・十二経絡が共鳴し合います。

 

本日から『穀雨』までの約15日間が

二十四節気の『清明(せいめい)』です。

 

この期間は、二十四方位の『乙』の方角とリンクし、

人体の十二経絡の

『肝経;足厥陰肝経(あしのけついんかんけい)』

に影響を及ぼします。

又、一日間で活性する時間:午前1時~3時

 

肝を守るためのおすすめ食養・漢方

レバーなどに含まれるビタミンA

ナツメ・落花生・シジミ

雲南白薬(主成分、漢方薬「田七人参」)

米酢(気虚を治すためによい)

梅しょう番茶(作り方:梅干を湯呑でほぐし、純正の醤油を大匙1加えて練る。

生姜のおろし汁を2滴たらし、お湯を八分目入れて飲む。)

 

この『清明』の期間に、

『悪心・嘔吐・下痢・下腹痛・イライラ・手足のしびれ・月経不順

 食欲不振・目の充血・めまい・耳鳴り』

等の症状が出た場合、家の内外の『乙』の方角の気が乱れている可能性がありますので、

清浄に保つことを心掛けて下さい。又、この方角の土や家具を触ることもタブーです。

更にそのタイミングが、の刻ですと更に症状が顕著に出ます。

 

~『乙』の方角~

風水の方位の起点は、その場所で磁石で北を示す方角を0度として右回りで360度です。

0度から時計回りで105度の左右7.5度、合計15度の範囲です。

易経講座39「九宮八卦図」

eki39.jpg

 

 
<本日のメッセージ> 
『貴方の内心の声を受け入れれば、豊かさを獲得できます。』易卦:地雷復 二爻変
自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!
 
※このメッセージは
『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。
 
 
<奇門遁甲:開運方位> 
4月4日  北西
4月5日  南
4月6日  北東
4月7日  北西
4月8日  東
4月9日  北西
4月10日 北西
※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!
 
 
<本日の活動予定>
■風水顧問現地調査2件・風水顧問打ち合わせ2件
■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku
 
 
<本日のつぶやき>
2日間offを頂戴しました。
多くの方から心遣いを頂戴し感謝でした。
 
 
<イベント・セミナー情報>  
2019年4月13日 NPO定例勉強会
2019年4月14日 『経営帝王学』プレセミナーin大阪
2019年5月3・4日 開運合宿in奥多摩
 
 
<ワンポイントレッスン>
■易経講座39「九宮八卦図」
 
後天八卦の配置は、
 
南東:「巽」 南:「離」 南西:「坤」
 
東: 「震」  中央   西: 「兌」
 
北東:「艮」 北:「坎」 北西:「乾」
 
です。
 
 
この方位を、家の各部屋に見立てて「宮(きゅう)」と称します。
 
南東:「巽宮」 南:「離宮」 南西:「坤宮」
 
東: 「震宮」 中央:中宮  西: 「兌宮」
 
北東:「艮宮」 北:「坎宮」 北西:「乾宮」
 
です。
 
 これに、「洛書」の数を配置させた、
 
「巽4」「離9」「坤2」
 
「震3」「中5」「兌7」
 
「艮8」「坎1」「乾6」
 
が、『九宮八卦図』です。
 
医学・建築・芸術などの多数の分野で広範に使われいます。
そのため、「洛書」自体を「後天八卦」と呼ばれ、
日本では「後天定位盤」と称し、九星気学という占いに利用されています。  

易経講座38「先天八卦変後天図」

eki38.jpg

 

 

<本日のメッセージ> 

『確信に満ちて前進しなさい』易卦:地風升 三爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

4月3日  西

4月4日  北西

4月5日  南

4月6日  北東

4月7日  北西

4月8日  東

4月9日  北西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■off2/2

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日今日とoff、自宅にて春休み中の家族と過ごさせて頂いています。

子供達の成長を実感させて頂感謝です。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2019年4月13日 NPO定例勉強会

2019年4月14日 『経営帝王学』プレセミナーin大阪

2019年5月3・4日 開運合宿in奥多摩

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座38「先天八卦変後天図」

 

 画像参照;「先天八卦」変「後天八卦」原理図

(外円が先天八卦、内円が後天八卦)

 

先天八卦の「乾」の二爻が、対面の「坤」と交わり、二爻変の離になり、

火のエネルギーは上昇して南に至り、後天八卦の南の離卦として座し、

先天八卦の「坤」の二爻が、対面の「乾」と交わり、二爻変の坎になり、

水のエネルギーは下降して北に至り、後天八卦の北の坎卦として座しています。

 

先天八卦の「離」の初爻が「坎」と交わり艮になって東北に座し、

先天八卦の「坎」の初爻が「離」と交わり兌になって真西に座し、

先天八卦の「離」の二爻が「坎」と交わり乾になって北西に座し、

先天八卦の「坎」の二爻が「離」と交わり坤になって西南に座し、

先天八卦の「離」の上爻が「坎」と交わり震になって真東に座し、

先天八卦の「坎」の上爻が「離」と交わり巽になって東南に座しています。

 

後天八卦は、先天八卦の属性がその機能を発揮した結果です。

 

火は陽で上昇して天の用になり、水は陰で下降して地の用になり、

水と火が相交わって万物になり、いっそう生気に富む時空体系を呈しています。

『令和』を分析する!

1435038.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『他人も喜んでくれる種類の喜びを求めなさい。』易卦:兌為沢 四爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

4月2日  東

4月3日  西

4月4日  北西

4月5日  南

4月6日  北東

4月7日  北西

4月8日  東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■off1/2

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日から顧問契約を開始した経営者と昨日打ち合わせをさせて頂き、

『○○さんのミッションは、他人の子供を自分の子供の様に愛し育てることです。』

とお伝えすると涙を潤ませました。この方、ある発展途上国のために尽力されている方で、現地で学校経営に携わっています。その立場で生徒と自分の子供達を分け隔てなく愛そうと決められている方でした。もう既に自分のミッションを悟っていらっしゃいました。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2019年4月13日 NPO定例勉強会

2019年4月14日 『経営帝王学』プレセミナーin大阪

2019年5月3・4日 開運合宿in奥多摩

 

 

<ワンポイントレッスン>

■『令和』を分析する!

 

『令』の漢字の語源は、

冠は、人冠(ひとかんむり)又は人屋根(ひとやね)と称し、

この屋根は、神殿の屋根を現しています。

その下で人が跪いて頭を垂れている様を現しています。

 

命令の令の字であることからも理解出来るかと思いますが、

『令』は、神様の声に従う、神の命令に従うという意味が内包されており、

宗教的祭祀を現しています。

 

『和』のノギヘンは、「穂先が茎の先端に垂れかかる」象形で、その隣に口ですが、

口は人を現します。実り豊な稲穂に集まり和気あいあいと和んでいる様子です。

 

様々な理由で『令和』になった様ですが、付けられた名前には命が宿るものです。

命名した当人が知る由も無く作用します。

 

『神の命令』とは、目に見えないものに耳を傾けると解釈出来ます。

それは自分の良心に従うことかもしれません。

そのことが平和に直結するという時代を暗示している様に思います。

 

又、『令和』の画数は、『令』5+『和』8=13画数です。

13は、強吉で『人気』を司る数です。

更に13の『1』は『甲』、『3』は『丙』の組み合わせになります。

大木(甲)に明るい太陽(丙)の光が降り注いでいる状態を表し、太陽の大木に対する無償の愛情を意味します。その気の働きは『棚からぼたもち式幸運』です。

 

自分の良心の声に従い周囲の人を喜ばせるために努めることが『令和』の時代に相応しい

『積陰徳』なのかもしれません。

易経講座37「周易の誕生」

eki37.jpg

 

 

<本日のメッセージ> 

『ビジョンのない人は滅びるでしょう。』易卦:山水蒙 四爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

4月1日  北東

4月2日  東

4月3日  西

4月4日  北西

4月5日  南

4月6日  北東

4月7日  北西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日、尊敬する経営者から素敵な女性経営者を紹介頂いた。所謂、Sunworkerです。所謂と言っても弊社の顧問先でないとSunworkerが何者かは不明かと思いますが。スキル・モチベーション共に飛び抜けた方です。ついつい感動して話過ぎてしまいました。この方の様な優秀な女性経営者に会うと、本当に男女が平等に働ける環境を作らないといけないと痛感します。また、出産・子育という最高の経験をしスキルを磨いている女性も多くいます。『高学歴、高職歴』以上に高スキルです。

この方、日本中の誰もが知る経営者になることを確信致します。

本当に良い縁を繋いで下さる多くの顧問先経営者に感謝です。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2019年4月13日 NPO定例勉強会

2019年4月14日 『経営帝王学』プレセミナーin大阪

2019年5月3・4日 開運合宿in奥多摩

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座37「周易の誕生」

 

殷代の末年に、周朝の事実上の創始者で、第一代の武王や周応公の父親である「姫昌」が、

殷朝の獄舎で現在の河南省湯陰県にあった美里に囚われていたときに「周易」が作られました。

 

当時、殷の紂王は非常に荒淫で、忠実で賢明な臣下を数多く殺害していました。

 

姫昌は、獄中にいた7年間、易に熱中するふりをして、才能を隠し、この暴君を欺き、

占筮の卦辞や卦象で密かに情報を伝え、出獄後に紂王を打つ準備を整えていました。

 

姫昌は、伏義の八卦を基礎にして、先天の体を後天の用に変え、

「対応の易」を敷衍して「流行の易」を考案しました。

 

これが「後天八卦」のことです。

 

 姫昌は、出獄後に挙兵して紂王を討ち、

『周の文王』と言われるようになります。

 

この獄中で考案したのが「周」代の「易」で『周易』です。

易経講座37「日光と地熱」

eki36.jpg

<本日のメッセージ> 

『信頼できる人から精神的な援助とあらゆる助力を受けなさい。』易卦:沢雷随 上爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

3月31日 南東

4月1日  北東

4月2日  東

4月3日  西

4月4日  北西

4月5日  南

4月6日  北東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■朝食懇親会・個別相談・風水顧問打ち合わせ1件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

自分では認識出来無くとも守られている様なことが多くあるように思います。

無理をせず流れに身を任すことも良いのかもしれません。

これカーナビのことです(笑)

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2019年4月13日 NPO定例勉強会

2019年4月14日 『経営帝王学』プレセミナーin大阪

2019年5月3・4日 開運合宿in奥多摩

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座37「日光と地熱」

 

大禹は、「河図」と「洛書」によって宇宙の万物が生克する関係を悟り、

万事に精通し、圭表を用いて、

九河(黄河の9つに支流)を掘り

九山(会稽、泰山、王屋、首山、太華、岐山、太行、羊腸、孟門)を開き、

九州(冀、兗、青、徐、揚、荊、豫、粱、雍)を治め、

蕩蕩たる大洪水を克服しました。

 

「洛書」は、一年及び一日の日光と地熱の記録でもあります。

 

一日では、奇数は「日光」、偶数は「地熱」とも解釈出来ます。

 

東の日の出の「日光3」を地の南西で受け「地熱2」を返す、

午前10時から11時は、日が中宮に臨むため「日光5」で南東「地熱4」を返す、

南の真昼の強い「日光9」を地の北東で受け「地熱8」があり、

西のやや弱まった「日光7」を北西で「地熱6」が残り、

夜になると、太陽は沈み最小の「日光1」になり、

地は、中宮に転じて熱気が全くなくなるため、天の5のみであり、

「地熱10」は消滅することを、表しています。

易経講座35「洛書の数の神秘」

eki35.jpg

 

 

<本日のメッセージ> 

『貴方が放射するものがやがて貴方にかえってきます。』易卦:天風女后 五爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

3月30日 南東

3月31日 南東

4月1日  北東

4月2日  東

4月3日  西

4月4日  北西

4月5日  南

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ4件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

与えられた環境から何を学び得るかは学ぶ側の姿勢に委ねられています。

当然、その環境は自分で選ぶケースと一方的に与えられるケースがありますが、

どちらも自分で選んだものと考え積極的に学び得ようとしたほうが人間としての成長が早いものです。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2019年4月13日 NPO定例勉強会

2019年4月14日 『経営帝王学』プレセミナーin大阪

2019年5月3・4日 開運合宿in奥多摩

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座35「洛書の数の神秘」

 

「洛書」の数は、天に法り地に象り、自然に倣う功用を具えています。

 

4・9・2

3・5・7

8・1・6

 

縦横斜めの3つの数の合計数が15になる魔法陣です。

 

天3地2の法則から、

天の数、陽数(奇数)だけ配置し、

 

  9

3 5 7

  1

 

3を乗数とすると

「3」×3=「9」

「9」×3=27の一の位が「7」

「7」×3=21の一の位が「1」

「1」×3=「3」

「3」×3=「9」

というように、「3」「9」「7」「1」と

順行(時計回り)します。

 

これは、天に法って、日月が東から昇り西に沈む様を表しています。

 

地の数、陰数(偶数)だけを配置すると

 

4  2

 

8  6

 

2を乗数とすると

「2」×2=「4」

「4」×2=「8」

「8」×2=16の一の位が「6」

「6」×2=12の一の位が「2」

「2」×2=「4」

というように、「2」「4」「8」「6」と

逆行(反時計廻り)します。

 

これは地に象って長江や横河が東に流れる様を表わしています。

 

「河図」の先天八卦は、神様目線、

「洛書」の後天八卦は、人間目線、

であることが確認出来ます。

易経講座34 五行相克は「洛書」の数を取る

eki34.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『外観によって判断してはいけません。』易卦:雷水解 四爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

3月29日 南東

3月30日 南東

3月31日 南東

4月1日  北東

4月2日  東

4月3日  西

4月4日  北西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問現地調査in群馬

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

顧問先との打ち合わせは本当にワクワクし学ぶことが多くあります。

本当に良い層の人物情報の質は高く、その出会いのスピードは恐ろしいまでに早いことを実感致します。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2019年4月13日 NPO定例勉強会

2019年4月14日 『経営帝王学』プレセミナーin大阪

2019年5月3・4日 開運合宿in奥多摩

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易学講座34 五行相克は「洛書」の数を取る

 

「河図」の配置は、

『東:3・8木、南:2・7火、中央:5・10土、西:4・9金、北:1・6水』

の並びで、

 

五行の相生である

「木生火、火生土、土生金、金生水、水生木、木生水」

「木⇒火⇒土⇒金⇒水」の順番です。

 

時計回りの順行であることが確認出来ます。

 

一方「洛書」の配置は、

『北:1・6水、西:2・7火、南:4・9金、東:3・8木、中央:5土』

の並びで、

五行の相克である

「水克火、火克金、金克木、木克土、土克水」

「水⇒火⇒金⇒木⇒土」の順番です。

 

反時計回りの逆行であることが確認出来ます。

 

数と五行の由来は、河図先天八卦の

『1・6は水、2・7火、3・8木、4・9金、5・10土』

です。

易経講座34「洛書と河図の関係性」

eki33.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『海で沈まないためには体の力を抜くことです。』易卦:沢火革 三爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

3月28日 北

3月29日 南東

3月30日 南東

3月31日 南東

4月1日  北東

4月2日  東

4月3日  西

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・風水コンサルレッスン

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

法人は、人であり一つの有機体です。

その為、免疫力を持ち本質的な問題を解決させるために小さな問題が噴き出ます。

その本質的な問題の殆どは、コミニケーション不足です。

質の良いコミニケーションをとれる雰囲気、環境作りが組織には必要です。。

顧問先との面談がその良き環境作りのきっかけになれれ幸いです。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2019年4月13日 NPO定例勉強会

2019年4月14日 『経営帝王学』プレセミナーin大阪

2019年5月3・4日 開運合宿in奥多摩

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座34「洛書と河図の関係性」

 

4・9・2

3・5・7

8・1・6

 

洛書の奇数と偶数の組み合わせの道理は、

 

1・6⇒水

2・7⇒火

3・8⇒木

4・9⇒金

 

を含んでいます。

 

数字の上からみると、

同じ五行の数字はペアで隣接していて、

5が単独で中央に位置しているため、10がありません。

1に中央の5を加えると同じ五行の6になり、

同様に2に5を加えると同じ五行の7、

3に5を加えると同じ五行の8、

4に5を加えると同じ五行の9になります。

 

このことは、『河図』の五行の生成原理が含まれています。

 

『洛書』上の4・9の金と、下の6・1が相対すれば、

金が水を生ずる数になり、

右側の2・7の火と、左側の3・8の木が相対すれば、

木が木を生ずる数になり、

更に中央の5の土に作用すれば、対立と統一が相互に制約し合う、

宇宙の法則を形成します。

易経講座32「洛書伝説」

eki32.jpg

 

<本日のメッセージ> 

『どんな種類の否定的考えでもそれを抱くことは一切拒否しなさい。』易卦:火天大有 初爻変

自分の心に感じたもの、頭で閃いたものが、天からのメッセージです!

 

※このメッセージは

『マーフィー博士の易占い  (王様文庫)』の易経解釈から引用させて頂いています。

 

 

<奇門遁甲:開運方位> 

3月27日 北

3月28日 北

3月29日 南東

3月30日 南東

3月31日 南東

4月1日  北東

4月2日  東

※開運方位を活用下さい。運のポイントが貯まります!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

良い場所を発見出来た時の喜びはこの上無いことです。

風水師冥利です。

 

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2019年4月13日 NPO定例勉強会

2019年4月14日 『経営帝王学』プレセミナーin大阪

2019年5月3・4日 開運合宿in奥多摩

 

 

<ワンポイントレッスン>

■易経講座32「洛書伝説」

 

中国は、大洪水に見舞われ、人々は流浪して四散しました。

 

神話上の帝王で夏朝の創始者『大禹』は、

危機に臨んで命令を受け、結婚して4日目だったが人々を率いて

治水に赴き、自分の家を顧みることなく没頭した。

しかし、様々方法を使っても治水の明暗が見つからなかった。

 

そんなある日、五色の神亀(しんき)が洛水から出てくるのを見つけた。

その甲羅に文字のようなものがあった。

この文字を参考に考案された自然万物宇宙の法則の図案が『洛書』です。

「書経」の中では『洪範』と称されているものです。

 

左前足元「四」首元には「九」右前足元「二」

左脇腹元「三」甲羅中央「五」右脇腹元「七」

左後足元「八」尾元には「九」右後足元「六」

 

整理すると

 

4・9・2

3・5・7

8・9・6

 

これが『洛書』です。

« PREV 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14
PAGE TOP