ホーム > 風水師 山田光復の鑑定日記

風水師 山田光復の鑑定日記

多角化によるシナジー効果

sina.jpg

<本日の心構え>

▼地雷復 四爻変

 

長い冬が終わりを迎えようとしています。

地中では草木の芽も春の到来を待ちます。

季節は戻り新しい循環が始まるでしょう。

辛い日々も終わりを告げます。

覚悟を決めて進む道を選ぶこと。

決断と意思には誇りを持ちましょう。

孤立しても後悔することはありません。

退く勇気を持つことも大切なことです。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

今日は出社せず横浜自宅での業務です。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■多角化によるシナジー効果

 

シナジー効果とは、相乗効果のことです。

複数の企業がアライアンス(協働)をすることによって有利に事業が展開される場合や、

一つの企業内の別々の事業部門が協働することで、やはり有利に事業が展開される場合、

シナジー効果が発揮されたことになります。

多角化のメリットは、正にこのシナジー効果ということになります。

1+1が、2ではなく3にも4にもなり得るということです。

 

これと似たものがコンプリメント効果、相補効果です。

ある事業で空いた能力を他の事業に回すような場合や、一つの物的資源を二つの事業や製品の製造に利用することで生産性を高める効果のことです。

 

この二つの効果は、範囲の経済を高める効果となります。

どちらも経営資源を複数の製品や分野に利用することで経済性を高める点では共通しています。

 

シナジー効果はひとつの情報資源を複数の分野で、互いに干渉することなく無制限に利用して生まれる効果であるのに対し、コンプリメント効果は物的資源を用いるため、利用できる限度が明確な効果となっています。

 

シナジー効果を掛け算、コンプリメント効果を足し算で例えることもあり、

経営の多角化を実現するには、コンプリメント効果よりもシナジー効果のほうがより重要とされています。

 

次回、弊社の顧問先での具体的な例をあげて説明したいと思います。

多角化

51KItSy4HvL._SX348_BO1,204,203,200_.jpg

 

 

<本日の心構え>

▼山火賁 三爻変

 

夕日が山の彼方に沈もうとしています。

美しき夕日が華麗な光景を作り上げます。

心は洗われ魂は浄化されるでしょう。

やがて訪れる夜に向け備えておくこと。

美しき情景に多くの人々が集まります。

状況は長く続かず実益が伴いません。

着飾る事に溺れ本質を忘れないこと。

内面の充実に目を向けましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■朝食懇親会・新築コンサルタント現地調査・風水顧問打ち合わせ

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

『開運合宿in奥日光』の参加者から嬉しい感想を頂戴しました。

早速コンサルタント依頼を受けた会社、行政からサンプル依頼された会社等

具体的な結果も出ています、とはいえ、日頃の努力、スキルがあっての開運効果です。

運だけで結果が出るほど経営は甘くはありません。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■多角化

 

イゴール・アンゾフ(1918年12月12日- 2002年7月14日ロシア系アメリカ人の応用数学および経営学者、事業経営者、「戦略的経営の父」として知られる)は、

『企業戦略論』のなかで成長ベクトルを考え、製品も市場も未進出のジャンルに事業を展開する場合を多角化とし、それ以外、例えば既存の製品を海外市場にも展開する場合等を拡大化と分けています。更に、多角化を

  • 水平多角化:同じタイプの製品投入
  • 垂直的統合:企業自身の顧客化
  • 同心的多角化:類似タイプの製品投入
  • コングロマリット的多角化:新しいタイプの製品投入

というように分けています。

 

多角化の手法は、『内部展開型』と『合併買収』ですが、

古く日本では『内部展開型』ですが、アマゾフのイメージは後者で、

他の会社を吸収したり子会社化したりして進めていく手法です。

そして進める方向性として、関連性又は親和性の高い産業に進出するケースと、

低く広範な産業に進出した企業に分けられます。

 

最近話題になった『結果にコミットしてきた企業』の大幅な赤字化は、何を教訓として私達に教えようとしているのでしょうか?

経営学は、科学です。ここには問題解決の為の方程式があります。

当然、一から試行錯誤して導く問題解決方法もありますが、方程式があるならば用いた方が圧倒的に早く解答を得ることが出来ます。

試行錯誤することで得られることもありますが、方程式があるものは使い、無い物に対して試行錯誤することのほうがより合理的で次元の高い試行錯誤が出来ます。

 

先人の叡智を学ぶことの重要性を感じます。

そして、誰もが先人になりますから、我が人生にて多くの智恵を残したいものです。

奇跡の出会い『クライアントのクライアントはクライアント』

tyuuzennziko.jpg

<本日の心構え>

▼水火既済 三爻変

 

水平線に夕日が沈もうとしています。

輝かしい一日が終わろうとしています。

更なる進展は望まず明日に備えましょう。

平穏無事な日々に感謝すること。

新規に事を起こしても困難を抱えます。

貴重な時間も労力も失うことに。

実力を備えていても時節に恵まれません。

既に手にした功績を大事にしましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水コンサルレッスン2件・風水顧問打ち合わせ

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

『開運合宿in奥日光』無事に終了致しました。

参加者皆様のご協力心より感謝申し上げます。

充電効果は2か月、年末年始まで走り切れそうです!!

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■奇跡の出会い『クライアントのクライアントはクライアント』

 

コンサルタントで業界において、守秘義務は絶対的です。

オフレコでもお伝えすることはありません。

それは、紹介者にも、紹介に来たことすら弊社から伝えることはありません。

『御蔭様で○○社長が相談に来られました!!』これはタブーです。

 

毎回、『開運合宿』では、様々な奇跡出会いに遭遇します。

 

今回は、ホテル施設の関係上、部屋のシングルユースは無く、

こちらから相席の部屋割りを適当にさせて頂いた。

 

そこで、タマタマ同部屋になった社長と弁護士が顧問先関係でした。

このお二人は、全く違う経由で紹介頂いた関係です。

 

また、15年前からお付き合い頂いている社長と、弊社の顧問先社長が、

タマタマ一緒になった経営者の会で『開運合宿』の話を聞いて参加したいと

来られた方が2名、その会に、たまたま弊社の顧問弁護士も参加していて、

今回参加し合流。

 

今、記事を書いていても、ごちゃごちゃになってしまう位、

凄いことになっていました。

 

この『タマタマ』の正体が『運の層』ということになりそうです

「気」は万物の根源

IMG_20181122_151215.jpg

 

<本日の心構え>

▼風天小畜 初爻変

 

湿り気を帯びた冷たい風が吹き始めます。

時の経過と共に空模様が変わります。

天候が気掛かりで身動きが取れません。

無理をせず情勢の変化に備えましょう。

進む事だけが正解ではありません。

引き返す事が悪い訳ではありません。

情に流されると遠回りをするだけです。

冷静に好機の到来を待ちましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■開運合宿in奥日光 2/2

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日、無事に21名揃い『開運合宿in奥日光』がスタートしました。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

昨日より2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■「気」は万物の根源

 

「気」は、本来「氣」と書きます。

「气」は宇宙、「米」は、八方位を意味しています。

 

これは、宇宙の1点(气)から、

全て(米)に広がっていることを表わします。

 

正にビッグバンです。

科学(ビッグバン)における「宇宙の成り立ち」と、

易学における「八卦の成り立ち」は相似形です。

 

この宇宙、森羅万象、ありとあらゆる存在の成り立ちは

「氣」にあるという点を大前提にしています。

 

地球の生成過程も、

科学では、気体から液体、固体と変化してきた様に、

易学では「陰陽の氣」が地球を作り、

そして地球上の自然現象も全て「陰陽の氣」によって成り立っていると考えます。

 

そして、この宇宙で起こる全ての現象(日常生活を含む)も、

「陰陽の氣」の組み合わせで起こっていると考え、

全ての現象の根源的意味を推し量ることも可能なのです。

 

それをまとめた書物が『易経』です。

英語でThe Book of Changesと訳される理由の一つです。

三国時代の風水

o0400057913501043018.jpg

 

<本日の心構え>
▼雷天大壮 初爻変
 
雷雲広がる大空から雷鳴が轟いてきます。
轟音は大気を震わせ体と心を鼓舞します。
焦りを抑え機の到来を待ちましょう。
一瞬の好機が訪れようとしています。
雷雲は遠く雷鳴も勢いに欠けています。
実力が不足し焦燥感が募ります。
勢いで進むと失態を犯すことに。
準備を優先し好機の到来を待ちましょう。
 
※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!
 
 
<本日の活動予定>
■開運合宿in奥日光 1/2
■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku
 
 
<本日のつぶやき>
今日は、11月22日! イーイーフーフー
良い夫婦の日です。何よりです!!
 
 
<イベント・セミナー情報>  
本日より2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光
2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪
2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 
2018年12月21日から24日 学習会in上海
2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 
 
 
<ワンポイントレッスン>
■三国時代の風水
 
中国二十四史の一つである『後漢書』(ごかんじょ)は、
中国後漢朝について書かれた歴史書です。
 
本紀十巻、列伝八十巻、志三十巻の全百二十巻からなり、
5世紀南北朝時代の南朝宋の時代に
范曄(はんよう、398年 - 445年)によって編纂されました。
 
この『後漢書』の卷四十五の袁張韓周列伝第三十五に
袁安が登場します。
 
その祖父袁良は孟子の易を学んだ儒者で、
前漢末期の平帝のとき太子舎人となり、
光武帝が後漢を興すと成武県の令にまで昇った人物です。
袁安は祖父から家学の孟子易を学び、
儒者として学問に励んだとされています。
 
この後漢書に
袁安の父が没すると,母は袁安を使いとして葬地を訪ね求めさせた,
道すがら三人の書生に逢うと,袁安に何之を問うた,
袁安は言を為して其の故をいったところ,
書生は乃ち一処を指差して,云うことには
 
「此地に葬れば,当に世で上公と為ることができる」
 
と伝え、袁安はその場所に葬ることにした。
 
その後、彼は高位に任じられ、
子孫もまた、何代にもわたって最高の地位に就いた。
と記されています。
 
ここに登場する書生とは地相術に通じた人達で、いわば、風水師です。
当たり前の様に、先祖の埋葬と子孫の繁栄が結びついています。

八宅法の原理「五行大儀」

<本日の心構え>

▼火地晋 上爻変

 

輝く太陽が地平線から昇り始めます。

周囲は時間と共に開けてきます。

道は明るく照らされ遮るものもありません。

称賛と評価を得て成功への階段を昇ります。

陽は頂点に達し次第に傾き始めます。

周囲に感謝し環境の維持に努めること。

後に備え誠実に対応しましょう。

結果に満足すれば立場は安定します。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ3件・セミナー参加

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

昨日は、多くの方に御集り頂感謝でした!

 

 

<イベント・セミナー情報>  

本日2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■八宅法の原理「五行大儀」

 

八宅法の原典の一つとされているものに、「八宅明鏡」(1790年刊)があります。

この原理は「五行大義」にみられます。

この「五行大儀」は、中国の五行説に関する文献で、

隋の蕭吉(しょうきつ) の編集によるものです。

蕭吉は,陰陽,五行,算数に詳しく,隋の煬帝の太府少卿となり、

五行に関する古来の説を集めてこの書を編集し、五行の詳細を知る貴重な文献です。

中国では亡失してしまいましたが、日本に伝存していました。

 

蕭吉には、こんな逸話が残っています。

 

ある日、蕭吉は若き日の煬帝にこう告げました。

『私の占いでは、あなたは将来、皇帝になるお方です。』

煬帝は、その気になり、陰謀をめぐらせて、兄を幽閉し、自

分が皇太子になることに成功したのである。

そして、602年、文帝の妻が死んだ。

文帝は、皇后のための墓地を求めて、

蕭吉にどの場所が良いか占わせることに決めた。

それを聞いた皇太子は、蕭吉を密かに呼び出して、こう言ったという。

『以前、お前は私を占った時、将来必ず皇帝になると言ったな。

私はその後、皇太子となったから、半分は実証されたことになる。』

そして、皇太子は恐るべき取引を蕭吉に持ちかけた、

『次は、お前の予言がなるべく早く実現するようにしてもらえないか?

それが早ければ早いほど、お前への褒美は多くなるぞ。』

これを受けて蕭吉は、こう答えた。

『それでは、4年くらいでいかがですか?』

『よし、それで頼んだぞ。』

後日、蕭吉は何食わぬ顔をして、文帝のもとへと行った。

そして、彼はそこに皇后を葬れば、4年後に文帝も死ぬという土地を占い、

その土地を文帝に勧めたのである。

『ここは素晴らしく縁起の良い土地です。ここを墓所にすれば、隋帝国は

2000年続くことを保証します。』

文帝は喜んで、その土地に皇后と自分のための墓地を作ったのである。

占いより早く、それから2年後に隋の文帝は亡くなった。

そして、満を持して、暴君「煬帝」は即位しました。

カルロス・ゴーン氏を分析する

karu.jpg

 

 

 

<本日の心構え>

▼沢山咸 五爻変

 

綺麗な湖に周囲の風景が映ります。

壮大な山々が湖面に揺れています。

両者は通じ美しき光景を生み出します。

頭で考えず心の声に耳を傾けましょう。

心の働き方は人それぞれ異なります。

主観だけで判断すると悔いを残すことに。

動いても相手の心には響きません。

独断専行は控え考え方を見直しましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件・講演会

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

誰でも魔が差します。

己を知っておく必要があります。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

本日2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■カルロス・ゴーン氏を分析する

 

1954年3月9日生まれ

年柱:甲午

月柱:丁卯

日柱:甲子

時柱:不明

歳運:戊戌 偏財・財星

空亡:戌亥(財星)

 

少し専門的にはなりますが、

門下生の勉強になればと分析致します。

 

先ず、明確なのは財星空亡の特徴です。

村上ファンドの村下氏、小室哲哉氏と同じです。

大金を掴むことは出来るが一瞬で失いやすい。

男である場合『金と女に注意!!』

これが彼の人生の課題・宿命です。

 

では、いつその課題が出るか、出やすい時期かとなると、

歳運で財星が廻ってくる時期と、空亡支が廻る時期となります。

今年2018年は、歳運:天星が財星、十二支が戌とWで廻ってきます。

このWで廻ってくる期間は、60年に一度しかないため、

人生の課題が克服出来たか否かを審判される年と判断出来ます。

 

また、歳運支の戌は、命中月支:卯を合去するため

周囲環境(職場)で仲間を失う時期とみることも出来ます。

 

『大義を失うと全てを失う!!』

これは個人も法人も同様です。

風水を哲学する28 陽宅風水の原典「宅経」

31NPMj0UbVL._BO1,204,203,200_.jpg

 

 

<本日の心構え>

▼天風姤 三爻変

 

青空の元に穏やかな風が吹き渡ります。

その風に揺られ甘い香りが漂います。

運命的な出会いの兆しがあります。

慎重に判断し良縁を大事にしましょう。

出会いの全てが良い訳ではありません。

見込み違いの出会いも多くなります。

間が悪く出会いを逃す事もあるでしょう。

時に間が悪い事こそが幸いします。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■新築コンサル現地調査in栃木・風水顧問打ち合わせ

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

今朝は足利市で朝を迎えています。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■風水を哲学する28 陽宅風水の原典「宅経」

 

風水の起源は、あくまでも土地の見極め方です。

いわば「地相術」と表現することも出来ます。

 

これに対し「住宅の規範」いわば「家相術」の原典といえるのが、

漢代に出版された『宅経』といえます。

 

当時、民衆の間に広まっていた概念を集め、

 

体系化しようと試みたものです。

その為、この書物に権威を持たせるために、

古代の皇帝を著者に仮託させました。

 

根拠が不明確で脆弱なものに対して、

神話や逸話を作り権威建てるのは世界共通であるようです。

 

これまで、墓だけに適用した地相術を住宅にまで進化させました。

また、八卦や方位等の概念が加わり、

『理気』の概念が加わる様になりました。

 

「二十四路」と称し、360度を二十四方位に分類せたのも、

この『宅経』からになります。

風水を哲学する27 風水と宗教

o0400035213496213494.jpg

 

 

<本日の心構え>

▼地雷復 二爻変

 

長い冬が終わりを迎えようとしています。

地中では草木の芽も春の到来を待ちます。

季節は戻り新しい循環が始まるでしょう。

辛い日々も終わりを告げます。

環境は安定し余裕が生まれます。

慈愛の精神で周囲に応対しましょう。

傷ついたものも時間と共に修復されます。

初心を忘れず本領を発揮しましょう。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■朝食懇親会・風水コンサルレッスン・風水顧問打ち合わせ

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

今週は、出張・講演・イベントと続きます。

体力勝負WEEKです(笑)

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■風水を哲学する27 風水と宗教

 

宗教とは、直接確認出来無い、神と死後の世界を扱っている分野になります。

初代仏教は、釈迦の教えであり、神と死後の世界は一切扱っていません。

よって宗教ではありませんが、その後、弟子達によって宗教化していきました。

キリスト教・イスラム教は、完璧な宗教です。

 

風水は、起源から考察しても完璧な非宗教です。

しかし、風水は目に見えない『気』という存在、

宇宙の法則としての『理』を大前提としてその存在を認めています。

陰宅風水にあるよう、親の遺骨の状態が子孫に影響を及ぼすという、

非科学的なことも前提として成り立っています。

 

目に見えないものを扱っているために、

宗教に利用されてきた歴史もあり、

道教がそのさいたるものです。

 

そのため、風水師が道教の護符や仏壇、神々の像を販売しています。

日本では、道教グッズを風水グッズとして販売したり、

神道の神棚を販売するという良く解らない風水師も出現してきています。

しかし、どんな宗教を信仰していても、

その効果や影響があるということになります。

その為、一切の宗教・信仰を問うことはありませんし、

風水師が何の宗教を信じても構わないのです。

私が陰宅風水のコンサルタントを行うときも、

宗教は不問です。

風水を哲学する26 「人子須知」の本質

o0400057913495296588.jpg

 

<本日の心構え>

▼山火賁 初爻変

 

夕日が山の彼方に沈もうとしています。

美しき夕日が華麗な光景を作り上げます。

心は洗われ魂は浄化されるでしょう。

やがて訪れる夜に向け備えておくこと。

表面に惑わされず先の事態を見越すこと。

着飾らずに本質を大事にしましょう。

自然な状態こそが本当の美しさです。

大切なものがそこにあります。

 

※自分の心に感じたもの、頭で閃いたもの、天からのメッセージです!

 

 

<本日の活動予定>

■風水顧問打ち合わせ2件

■山田光復FaceBook  https://www.facebook.com/kouhuku

 

 

<本日のつぶやき>

今朝は、倉敷で朝を迎えいます。

素敵な街並みでの朝トレにこれから向かいます。

 

 

<イベント・セミナー情報>  

2018年11月20日 FANTAS講演会 

2018年11月21日 経営者の会in銀座

2018年11月22日23日 開運合宿in奥日光

2018年12月5日 2019年を占う講演会in大阪

2018年12月8日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

2018年12月21日から24日 学習会in上海

2019年1月12日 内閣府認定NPO-jfta 総合羅盤講座 

 

 

<ワンポイントレッスン>

■風水を哲学する26 「人子須知」の本質

 

 「人子須知」は、明代初期、双子の徐兄弟が50年の歳月をかけ、

山を歩き、実地調査の末に記した、膨大な地理風水の書です。

この書には徐兄弟の風水に対する哲学が記されいます。

 

『墓所を求めるにあたっては、

まず人徳をつむことが正しいのであり、

人徳を害する醜い心では、地の道理は得るとしても、

天の道理はどうして望めようか』

 

土地を判断する基準や判断方法、具体的な手法等、

研究が進んでいます。

50年の歳月をかけ山を歩き廻らなくても、

多くのデータを収取し分析することも出来る様になりました。

地形図や航空写真地図等を利用した調査のほうが、

現地調査より俯瞰し正確に分析できるほどです。

風水の知識や情報もネット上で収集することも可能です。

恩師も持たず修業経験も無い自称風水師も増えてきました。

この様な現在を予見して徐兄弟が残した言葉の様に思えます。

 

« PREV 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14
PAGE TOP